Triathlon Sports Facebook Coverのコピーのコピー.

​第2回 「知らないと大変!リリースとストレッチの違い」

無料公開動画はコチラ↓↓↓

*現在、第1話まで公開中です。最終的には10本の動画をアップしますのでお楽しみに☆

セラピストのみなさん

こんにちは。フィジカルエナジーセラピスト協会代表の山本龍誠です


先日からはじめた「筋リリース 無料オンラインコース」ですが、興味のあるセラピストの方が視聴してくれているみたいで嬉しいです

 

 


やっぱり筋肉って人を診るにあたっては外せないないところですし、そこの大切さを分かってもらえるセラピストが多くて嬉しいです

今回の  「筋リリース 無料オンラインコース」  ですが、この無料動画だけでも基本的な筋肉のリリースができるように動画を公開していくので楽しみにしていてくださいね


さて!!


1本目のプレゼント動画では「リリースとストレッチの違い」を公開します


リリースとストレッチの違い??


なにをいまさら!と思う人もいるかもしれませんしそういえば、なんとなくは違うって思ってるけどなにが具体的に違うんだろう?というセラピストの方もいるかもしれません


いずれにしても、このリリースとストレッチの定義がしっかりしていないと、患者さんを診る時に大変なことになります


大変なことというのは、セラピストが関わったことで逆に悪化した・・・という最悪のシナリオです


このシナリオだけは、何年セラピスト業をやってても避けたいところですし特に経験が浅いころの1~5年目のセラピストの先生は臨床で怖いところです


私自身も、経験年数が浅いときは夜な夜な「あの患者さんは次来た時大丈夫かな・・・」
と心配していました


ですが、ある時期を境にそういう悩みはほぼ無くなりました


そのある時期というのは「筋リリース オンラインマスタープログラム」でお伝えしている内容を臨床で実践しはじめた頃からです


結論からいうと、患者さんが悪くなる時っていうのは、もちろん要因は他にもありますが、新人の頃に多い原因としては・・・

 


ストレッチを乱発している

(治療手技を必要以上にやりすぎている)


時です。ストレッチって筋肉を伸ばすだけでなくて硬い筋肉を緩めるためにも使ったりするイメージも強いですが、やりすぎてしまうと実はその筋肉の筋力が低下してしまい、関節の安定性が低下し痛みが強くなってしまう・・・なんてこともあります

 

 

 

 

 

逆に私がお伝えしている「筋リリース」は、筋肉を緩めることはもちろんですが、逆に緩んでいる筋肉は締まりますし、それにリリースするだけなのに筋力の改善も期待できます。そしてなにより、ストレッチのように無理なポジションをとることもないですし、とても弱い力でリリースすることが可能です

 

 


つまり、リリースするだけであれば、限りなくゼロリスクで患者さんのセラピーを行うことができます。リリースとストレッチの違いをきちんと知ることで、無駄にストレッチを乱発することが無くなります。そして、それは患者さんの症状悪化を防ぐことにも繋がりますし、なによりリリースとストレッチの組み合わせは可動域の改善手技としては最強です!


じゃあ、リリースとストレッチの違いってなんなの??

 

 

 


ってことですが、その答えはこちらの筋リリース 無料オンラインコースの第一話「リリースとストレッチの違い」をみてみてくださいね
 


第2話は、次回配信のLINEで公開しますね
タイトルは、「筋スパズムと筋力と張力の関係性」です


お楽しみに!


PS:今回この無料オンラインコースで私が行っている筋リリースに興味をもってもらって、もっと詳しく学びたい!という方には・・・

 

 

 


「筋リリースマスター オンラインマスタープログラム」 ¥17600(税込み)
→https://www.physical-energy-therapist.com/mascle-online

 

 

 

 

 

という動画コンテンツがあります。こちらも無料動画企画と連動して期間限定の特別プレゼント価格を用意しています

​もちろん、いますぐ欲しいという方は17600円の定価で購入することもできます​が、もうしばらく待ってもらえるとお得な価格で手に入れることができますので、しばらくお待ちくださいね

フィジカルエナジーセラピスト協会
代表 山本龍誠