想いだけでも力だけでも


理学療法士となってはや15年、学校含めて医療の世界に飛び込んでは、気づいたらもう20年近くになりました

よく新人の頃はたくさんの諸先輩方に

技術だけ追い求めてはいけない 患者さんは話に来るんだから

と、教えてもらったものです

トゲトゲしていて、自分以外の世界はすべて敵だ(そこまではさすがにないかもです笑)くらいに思っていた私は

はい!よく分かります!!

と二つ返事をしながらも

…理学療法士なんだから、体のプロなんだから、結果を出してなんぼやん!!

お話PTより圧倒的なスキルを身に着けて、いつか見返してやる!!・・

なんてことを、よく心の中でおもっていました!!

このマインドにはさすがに、自分でもひきます笑

けどその当時はそれが原動力だったんですね

そんなこんなで、理学療法系のセミナーはもちろん、カイロ、オステオパシー、エネルギーなどなど・・・実に様々な勉強会に出させてもらいました

その結果、今ようやくわかったことは

技術だけでもだめだし、お話だけでもだめだってことです

ちゃんとお話しをきいて、クライアントに寄り添って、だけどそれだけじゃなく、きちんと改善できるところは改善する!!

それが、今の自分の理想形です

当たり前のことかもしれないけど、15年たってようやくこの考えが府に落ち着きました

同じように

アプローチも心だけでも体だけでも不十分だと考えています

最初は心に原因があったかもしれないけど、その結果体にもゆがみが出て、体もまたあらたな症状の原因となっている

だからこそ、原因となった心にも、2次的に原因となっている体にもアプローチしたいんです

心だけでも体だけでも・・・今はそんなふうに考えています

最後までお読みいただき、ありがとうございました