潜在トラウマと体~胸骨と父親の闇~

体の症状の一次的な原因として「心」 もっと詳細に言えば潜在意識レベルでのトラウマ

それは本人が自覚してても、してなくても記憶にあってもなくても、そんなことはお構いなしに無意識レベルに必ず宿ってる





ここまで深いレベルでセラピーを希望する人は月に1人2人だけど

そういう人ってとんでもない辛い症状に悩まされてるだけじゃなくて、人生の岐路にたっていたり、繰り返しの現状から新しいスタートをきりたいってタイミングで来られます




逆に言うと、そのくらい人生も体の症状も大変にならないと、本気で自分自身と向き合えないし向き合う覚悟もできないわけです




やっぱり自分を知るっていうのは怖い だって、そこを知ってしまうといろんなことにいい訳ができなくなるってどこかで分かってるから



人に目標言ってしまって達成できなかったら、情けないって思われるから言わないでこっそり・・・っていうのと心理的には似てるかも





けど、本当は自分の内面と向き合わずに表面的な自分とだけ付き合っていく人生の方が、怖いなっていまは感じてます




例えば、過労で倒れるまで身を粉にして働いて、結果的にひどい腰痛どころか、足の激痛・しびれに悩まされていた人の話です



身体的な制限の一次的な原因部位は胸骨 胸骨って感情的な問題が溜まりやすいところ





そこに留まっていたトラウマのビジョンは、幼少期に近づきたくても近づけない大きくて真っ暗な深い闇




その子は一生懸命にその闇に近づこうとするけど、その闇はその子が近づくと急に荒れ狂ったように禍々しく荒れ狂う




まるで、その子が近づくのを拒み恐れるように

それでその子は泣いて逃げ出す。すると、その闇はそれ以上追わずに、どこか深くて悲しい闇へとかわる




そんなにしてまで近づきたいその闇はなんなの?







禍々しくも悲しい闇は、その子の父親




単身赴任で家に帰るのはお盆と正月くらい だけど、帰ってきては家族を怒鳴りちらし、そのたび母も兄妹も泣いている





裸足で外に逃げる母親と姉




小さい自分に手をあげることはなかったけど、はっきり言えば憎んでいた

だから、父親なんていなければいいと思っていた




だけど、心の奥底では本当は息子として父親の愛情を受け取りたかった

まだ狭い世界のなかで暮らして、自分の力で未来を切り開くこともできない無力な幼少期のその子では、父親を憎むっていうことが自分を保つ最善の方法




だけど、大人になった今なら当時の父親のことも理解できる

家族の輪に入りたくても不器用でどう入っていいか分からなかったんだって・・




家にずっといなくて、父親らしいこともしていないのに家族の中に入ってどの面さげて仲良く楽しく話せばいいのか分からなかったんだって




なんで分かるかって言うと、今の自分も当時の父親と同じことをしてるから

そう気づいたら闇は晴れて何色でもなく、ただの可能性へと姿を変えました





さてさて、どんな未来がまっているのやら




前進するための健康な体は手に入ったので、次はあなた自身の幸せな人生を手にすることを願ってます




今回は取り出してエネルギー的にリリースじゃなくて、カウンセリングでのリリースでした

自分自身にも言い聞かせながら・・・




やっぱり、しんどいですね

向き合うの 




自分ももう一息、超えないといけないことがあるけどまだ手がだせない・・・




さてさて!




やることがたくさんあって、困難もあるけど前むいてやるしかない!





人生前途洋々!!




自宅で学べるエネルギーリリース講座 ¥29800(税別) https://www.physical-energy-therapist.com/energy-online-page



筋リリースオンライン実践プログラム¥9800(税別) https://www.physical-energy-therapist.com/mascle-online



現在LINEお友達追加でエネルギーリリース無料動画22本プレゼント中 https://line.me/R/ti/p/%40ojm2073t


ID検索 @ojm2073t

7回の閲覧

フィジカルエナジーセラピスト協会 

代表 山本龍誠

連絡先:seren.amakusa@gmail.com

            090-1194-3944

​住所:863-2171 熊本県天草市佐伊津町 6-23