【愛の奴隷と激しい腰痛と言葉より行動】


対人関係のストレスが続くと、動けなくなるくらいの腰痛に何度も悩まされています・・・ 他にも体の不調はたくさんあって・・・

とにかく元気になりたいんです なんとかなるでしょうか・・?

という訴えで、しばらく前に来られた方がいらっしゃいました

そして先日こんな連絡をいただきました↙

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

あれから、以前だったらこれはヤバい・・

と思うようなストレスあっても動けなくなるような痛みはないです

相変わらず人間関係のストレス半端ないですし 腰痛もありますけど、元気にやってます!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

対人関係のストレスの中でも、上司の方からの指導に対して とてもストレスを感じられていました

構造的な問題点ももちろんありましたが 潜在意識レベルでの人との繋がりにおいて

アプローチすることも必要でした

許可を頂いたので、潜在意識との対話のイメージをご紹介↙

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

結局、あの人は私になにをしてくれたのだろう?

優しい言葉をかけてくれた? 私を必要だと言ってくれた?

だけど、私が本当に辛い時に あなたは駆けつけてくれなかった

私が困っているときは、 なにを犠牲にしてもすぐに駆け付けるよ・・・

って言ってくれていたのに

心のどこかでは分かっていた この人は口だけだって

けど、それでもいいと思っていた それでもいいと、言い聞かせていた

他に私のことを必要としてくれる人も 愛してくれる人もいなかったから

私は愛の奴隷だった どんな形でもいい 誰かと繋がっていたかった

他人から愛情をたくさん 注いでもらったことがなかった私には 偽りの愛でさえも嬉しかった

嬉しいと思い込もうと必死に言い聞かせていた

だけど・・・

本当はそんなことなかった・・・って

ようやく気がづいた

「もうほっといて!!」 「私の好きにさせて!!」

私が本当に困った時に 私のことを本当に心配してくれていたのは

両親であり 友人だった

口だけのあの人じゃなかった

言葉っていう分かりやすい表現が 居心地がよかったのかもしれない

何も言わないでも駆けつけてくれたことの 意味が分かっていなかった

本気で私のことを怒ってくれることの 意味が分かっていなかった

一番心配して愛してくれていた人達に ひどいことを言ってしまった

取り返しのつかないような ひどいことを言ってしまった

本当は・・・

ありがとうって・・・言いたかった だけど、ありがとうって言えなかった

それを言ってしまうと、