膝関節セミナーと損傷したACLを締めるということ


損傷後に再建したACLの緩みでさえも、解剖と運動学の知識にエネルギーを応用できれば、締めることだってできます

締めることで、逆転していたスクリューホームの改善や、膝周囲の筋力、回旋の不安定性の改善、などなど、劇的にいろんな改善がみられます

しかも、何分も時間がかかる訳じゃなく 一瞬でボン!です

その締めるデモも、今回の膝関節と臨床推論セミナーでお披露目できて良かったです

そんなことできるはずない!って思っていても、すべてのものは進化しています

例えば、手紙→メール

何日もかかっていたものが、今では一瞬で世界中にお届け可能

だから、理学療法も整体も、そんなことできるはずない!って思ってても、すぐに当たり前になることがたくさんあるんだと感じています

応用すれば、靭帯だって締める事ができるエネルギーセラピー https://www.physical-energy-therapist.com/energy-release

だけど、エネルギーセラピーの質は解剖や運動学の知識に依存してます

ともあれ、2日の長丁場でしたが、集中して最後まで聴いて頂いた参加者のみなさん、本当にありがとうございました!

専門職の質の高い心地いいエネルギーを たくさん頂きました!

感情や潜在意識など、本質的な原因へのアプローチを学びたい方

フィジカルエナジーセラピスト協会

https://www.physical-energy-therapist.com/

どんな症状にも対応します!施術ご希望の方

私のサロン 未来を育むトータルコンディショニングSEREN

https://seren0320.wixsite.com/seren-therapy-site


4回の閲覧

フィジカルエナジーセラピスト協会 

代表 山本龍誠

連絡先:seren.amakusa@gmail.com

            090-1194-3944

​住所:863-2171 熊本県天草市佐伊津町 6-23