自己紹介 

【Facebookでの友達申請はお気軽にどうぞ☆】 ごあいさつやメッセージなど送らなくなくてもOKです 「お繋がりしたい」と思って頂けた方とお繋がりしています

「山本龍誠」と検索すると出てきます。

私がFacebookでお繋がりしたい方は、 ★心と体の価値を今より高めたい人 ★心のズレ(ブレ)を体から修正する事に興味がある人 ★海をみると癒される人 ★スキューバダイビングを一緒にしたいと言ってくれる人 ★カメラが好きなひと

どれか1つでも当てはまる方、また自己紹介を読んで 繋がりたいなぁと思って頂けた方とお繋がりしています。

私は体の専門家として十数年、病院でケガや病気などで体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して回復や維持、他に障害の悪化の予防に携わって来ました。

現在は、体だけではなく目に見えない心を回復する必要のある人たちが多い事に気づき、 心身を癒やす「心と体のセラピー」をドッキングした施術が必要と考え、有明海が一望出来る土地に「心と体のトータルコンディショニングサロン【SEREN】」を天草で開業しました。



どうして、体だけでなく心も同時に施術する「セラピー」が必要なのか? 私の経験を踏まえてお読み頂けると嬉しいです

お読みいただきFacebookで繋がったら、皆様とぜひお会いしたいです。 記事をコッソリ読みたい方、応援したいと感じて頂けた方 フォローボタンをクリック頂けると励みになります

************************************************ 体の専門家なのに体の事が解らなくなった経験 ************************************************ 私は、体の専門家「理学療法士」として国家資格を持ち約10年、 多くの方の体に触れて来ました。

そんな私の目標は 「100%体の悩みを解決」でした

だからどんな症状にも対応できる私になろうと 今まで全国津々浦々、体に対するありとあらゆる事を 学び尽くしてきました

ただ…そんな10年を過ごして来たのにも関わらず どんなに頑張っても体の痛みや歪みなどの症状が 改善しない人がいました 

私が全国津々浦々巡りどんなに勉強しても 「この症状はどこから出てきたのか?」と疑問が残り 納得の行く解決まで辿りつく事が出来ず悔しく感じていました

そんな中、自分自身が身動きできない程のギックリ腰に・・・。 体の専門家としていろんな方の症状を改善していた当の本人が、 ギックリ腰になるなんて・・・

しかもその原因が全く分からない・・・しかも同時にバネ指までなってしまい、この先仕事を続けることができるのか本当に不安な気持ちになりました。

ギックリ腰になる人の多くは無理して仕事する人に多く ストレスと疲れが溜まりに溜まって 腰の筋肉が疲れきって限界が来た時になるものなのですが…

私自身、無理に仕事はしてないし、ストレスとだって無縁

体の専門家として知識も豊富で、もちろん運動だって食事だって気を付けていました

それなのに何故…????? 疑問はドンドン膨らむばかりでした…

************************************************ 体が元気になるには心を癒すことが必須 ************************************************

その疑問を解決する糸口を与えてくれたのは 心の専門家セラピストである妻の存在でした


その時、妻が行ってくれたのが ① カラーセラピーで自身の考えに気づき ② ヒプノセラピーで新しい自身への生まれ変わり を行うセラピーセッションでした  

由佳のセラピー内容はこちらからみれます↙ https://seren0320.wixsite.com/seren-therapy-site/application

そんなセラピストである妻のセッションを受けて 私はギックリ腰になった理由に驚きました!!!

その時の内容はコチラ↙ -------------------------------------------------------- →仕事をする事でしか 自分自身の価値を認められない

→仕事を休むと 自分には価値がないと思ってしまう

→自分が限界を感じていても 仕事を休めない(休まない) (自分の価値を否定するので)

→過剰なオーバーワーク

→ギックリ腰

→それでもパソコン作業やろうとする

→体から「いいかげんにしなさい!!」ということ  で・・バネ指 --------------------------------------------------------

私は仕事が大好きだったし、 仕事を休みたいとかオーバーワークだなんて それまで思いもしませんでしたから その事に本当の意味で自分自身が気づいた時、 今まで体験した事もない心の解放感を感じ その日を境に苦しかった腰痛も みるみる改善していきました

私はこの体験から どんなに気を付けたって 現代を生きる私たちは いつの間にか知らぬ間に 自分を追い込んでしまったり 頑張り過ぎてしまったりしていのだと知りました

よく考えると他の体の悩みも ストレスで肩もこるし胃も痛くなるというのは よく聞く話

心が体に影響を与えているというのは当然の事でした

そしてこれから時代「100%体の悩みを解決」するには 心からのケア「セラピー」が必須だと言う事を肌で感じました

体を動かしているのは心です 嬉しい時は体も軽いし、 嫌な事が続いた時には体も重く感じます

私は10年以上あらゆる体の悩みについて勉強し 自分がギックリ腰になった体験のお陰で

体を整えると言う事は、同時に心も整える必要がある事の大切さに気づく事が出来ました

この時をきっかけに私は長年勤めた病院勤務を辞めて独立を決め仕事のスピードを緩めました

一度きりの人生を後悔せずに終えるためには、どうしても独立という選択が必要で、その決断は「今」だと思ったのです

そして自分自身の内にある心と体からの声を聴き 癒しを生み出す<サロンSEREN >を天草に開業し 心と体の両面から100%の健康を目指す トータルセラピーをスタートしました

*************************************** 心と体の両面から100%の健康を目指す 【フィジカルエナジーセラピー】スタート *************************************** <サロンSEREN >では 「心と体の両面から100%の健康を目指す」を目標にし 今までに無い【フィジカルエナジーセラピー】という 心と体を同時に癒しながらの施術をスタートしました


これは普段は抑圧されている 声なき声をきく事から始まります

抑圧された感情や信念の影響が強いと どんなに体のケアしても

・その時はいいけど、同じ症状を繰り返す ・何の改善もみられない ・原因不明の症状が続く

となります

また、どんなに体のケアをしても ・その時はいいけど、同じ症状を繰り返す ・何の改善もみられない ・原因不明の症状が続く 

方は、根本的な原因が筋肉や関節などの体の本体ではなく、抑圧された感情や信念と言った不必要なエネルギーをあちらこちらにため込んでいる可能性が高いという事です。

だから本当の意味で健康を目指すならば 心と体の両面を整える施術が必須だと言う事です。

この【フィジカルエナジーセラピー】は 想像していたよりも、はるか多くの方が どんどんと驚くような結果を出し

以前だったら手も足も出せなかった症状の方や 何度やっても繰り返していた症状の方にまで みるみる変化を起こしました

*************************************** 【フィジカルエナジーセラピー】とは…?! ***************************************

【フィジカルエナジーセラピー】では 不必要なエネルギーの溜まり場を見つけるため、体の調整から始まります

体から心の声を聴くのに 全身の400か所を念入りにチェックし 心の部分の何が体に対して影響を与えるのか? を見極めます

見極めてみるとその多くは 「抑圧された感情」です

言いたい事が言えなかった(抑圧された怒り) 本当は悲しくて泣き叫びたかった(悲しみの抑圧) など・・・

抑圧された感情は知らず知らずの内に 筋肉や関節に負のエネルギーとして留まり、 いつからか痛みや不快な症状の原因となっています

さらにこれらの負のエネルギーとなっている感情は 固定観念や信念になってしまっている事が多く 人生に大きく作用しています

固定観念や信念とは その人の価値観や信念に影響し 人生を動かしているもので 幼児期など自分の力ではどうしようもない事があった時に刷り込まれています

ただこの刷り込まれ方が 「~ならねばならない」などの「抑圧」

例えば… ・いい子でいなければならない ・人を信用してはいけない ・自分には価値がない ・男性は泣いてはいけない ・女性は尽くさなければならない

となっていると、 人生の大きな喜びや幸せを手にする事を 自ら知らぬ間に拒むという とてももったいない事を起こしています

実はこのような抑圧された感情や誤った信念は 人生の大きな喜びや幸せを手にする事を邪魔する 邪魔者でしかありません

さらに恐ろしいのが 邪魔者と解りしっかりと心のケアをしてる人でも 体の記憶のリセットをしていないと その後も影響を及ぼし続けているという事です

そんな邪魔者を自ら望んで溜め込んでいるなんて… しっかりと心のケアしたハズだったのに…

と多くの人は驚くのですが これは私たち人間のシステムとなって備わっている事 だから健康を保つには 心と体の両面をサポートする必要があると言う事です

自分の力だけで体の痛みをとる事が難しいように 心の悩みや問題だって取り去る事は難しい

体の歪みを改善しても心の悲しい記憶を消す事が難しいように 心が元気になっても体の記憶を消すのは難しい

現在の健康を保つ為のサポートは 「あっ!そういう事だったんだ」という心の声を聴き 抑圧されていた感情や信念から解放され 痛みや歪みをとる施術を施し 初めて真の健康、100%の健康が保たれます

*********************************** 本当の健康を手にしてほしい 【フィジカルエナジーセラピー】 *********************************** 心を癒す専門家はたくさんいます。 体に焦点を当てる専門家もたくさんいます。

けれど、その2つを同時に出来るサロンは 日本中探してもなかなか見つからないのが現状で ただ本当の健康を目指すならば どちらも必須な事は明白です

そしてなるべくは ・同じ時間 ・同じ場所 ・同じ人 に心も体も同時に施術してもらう事が 目指す健康への最短の近道です 【フィジカルエナジーセラピー】で行う施術は 不快な症状が繰り返す方 原因がよく分からない不調に悩まされている方が 施術を受けにやってきます

体の症状と関係している 抑圧された感情は全てが「過去」のものです

今(現在)では 環境も変わっているし 自分自身も成長している

だから過去に抑圧する事しかできなかったこの感情も、 今の私にはもう必要ない「もういいんだよ」「もう大丈夫だよ」と 過去の自分に言ってあげられるようになるメニューで

体から心の声を全身の400か所から念入りに聴く事で心の部分の何が体に対して影響を与えるのか?を見極め可能な限り負のエネルギーの浄化します

過去の自分は今の自分がどんどん幸せになる事を しっかりと待ち望んでいる事に気づくと、今までの世界が信じられないほど楽しくなってゆきます

心の声を聴くなんて「怖い」という方もいますが 私にとっては心の声を聴かずに生きる方が よっぽど恐ろしい事だと身をもって体験しています

あの時のギックリ腰で心の声を聴かずにいたら… きっと今でも腰痛に悩み 忙しく仕事に打ち込み そしてそれが幸せだと勘違いしていたのですから…

もちろん人生を幸せにする スピードや大きさは人それぞれですから お申込みされた方にピッタリの最大値で行います  フィジカルエナジーセラピー↙ https://seren0320.wixsite.com/seren-therapy-site/application

*********************************** <SEREN >がある場所 ***********************************

<SEREN >は海が一望できる場所 熊本県の天草にあります

天草には海の天使、愛と平和の象徴である  イルカが野生で生息している事で有名な土地

そんな海の天使が生息する有明海を 眺めながら施術は行われます


施術をしているといつも広い海の向こうから 「あなたの大切なものや世界を思い出す事ができますように」とイルカ達そんな呼びかけが聞こえて来そうです

天草へのアクセスは 熊本空港から車で120分 福岡空港から飛行機で30分

春から秋にかけては スキューバダイビングを楽しみに 全国から大勢のお客様がやってきます

長い文を最後までお読み頂き ありがとうございました

これからもご縁ある方の 心と体の両面から健康へ導く施術で 望む人生のスタートするお手伝いを したいと願っています

SEREN HPはこちら↙ https://seren0320.wixsite.com/seren-therapy-site


3回の閲覧

最新記事

すべて表示

潜在トラウマと体~胸骨と父親の闇~

体の症状の一次的な原因として「心」 もっと詳細に言えば潜在意識レベルでのトラウマ それは本人が自覚してても、してなくても記憶にあってもなくても、そんなことはお構いなしに無意識レベルに必ず宿ってる ここまで深いレベルでセラピーを希望する人は月に1人2人だけど そういう人ってとんでもない辛い症状に悩まされてるだけじゃなくて、人生の岐路にたっていたり、繰り返しの現状から新しいスタートをきりたいってタイミ

フィジカルエナジーセラピスト協会 

代表 山本龍誠

連絡先:seren.amakusa@gmail.com

            090-1194-3944

​住所:863-2171 熊本県天草市佐伊津町 6-23