top of page
筋リリースの極意① 不要な信念の除去編.png
筋リリースの極意① 不要な信念の除去編 (1).png

人の悪口を毎日聞かされることが嫌で、仕事まで嫌いになってきました







これは私の整体サロンSERENを訪れた20代の女性看護師の言葉です。彼女は、患者さんが元気になっていく姿を見る事にやりがいを感じていた看護師でした。また職場の友達と遊びに行くのも彼女にとっては楽しい時間でした






そんな、彼女は患者さんからとても信頼されてる看護師で…






「あなたと話すだけで癒される」





と、よく言われていたそうです。ですが、そんな彼女も、ようやく仕事に慣れてきた頃に…






よくある対人関係の問題に巻き込まれてしまいます…





些細なミスでも指摘したり、上司という立場をとって威圧的な態度をちらつかせるある1人の看護師。そして、その上司はある1人の後輩をターゲットにしていました。幸い彼女自身は、そのターゲットではありませんでした







ですが、彼女もその影響で持続的なストレスを抱えることになります。それは…その上司から同僚や患者さんの悪口を毎日聞かされることでした






最初はそんな悪口に唖然として、心の中では「違う!」と思っていました。ですが、立場は相手が上。彼女は自分の想いとは裏腹に、身動きもとれないし抗うこともできませんでした







業務に集中したいのに、同僚の悪口…ましてや1番大切にしないといけないはずの患者さんの悪口を延々と聞かされる…






そんな状況に彼女は困り果てていましたが、職場という密閉された空間に支配されたその状況から逃れることは出来ずにいました。だから、彼女は、ためらいながらも、押しつぶされそうにな心を押し殺しながら、その悪口を聞くしかありませんでした







悪口をだまってきいている自分…

・心では違うと思っているのに、うなずいてる自分…





そんな自分に対して彼女はいつからか虚しさを覚え、自己嫌悪に陥っていました。さらに先が見えない状況に彼女の心はついに限界を迎え押しつぶされてしまいます。もちろん体も…






私のところに来たときの彼女は憔悴しきっていました。随分長い間、悩んで、苦しんで、葛藤し続けたことがよく伝わってきました…






自分の強みを知ることの強さ





そんな彼女に私が勧めたのは体の施術ではありません。自分の強みを知り、その強みを仕事に活かすワークを勧めました





最初彼女は体の治療をしてもらいにきたのに…と半信半疑でしたが、そのうちに…





・自分を信じるように

・そして今のこの状況を打開して前進することを成し遂げるように






彼女は真剣にワークに取り組みました。その結果、彼女はマイナスな状況を好転させることに成功ました。具体的には…







人の悪口を聞く=ストレス






という状態だったものを…






人の悪口を聞く=職場の人間関係を陰で支えている





ということに気づいたのです。彼女は自分が辿り着いたこの意外な結論を素直に受け止めることができました





よく考えると、彼女が入職したことで「職場の人間関係が前よりよくなった」と仲のいい先輩から言われることが多かったり、同期や後輩から対人関係の相談を受けアドバイスを求められることもあることを思い出したからです






そんな彼女が行ったワークはとてもシンプルなものです





・自分の強みを知る
・その強みを仕事に活かす方法を知る




この2つができれば、彼女のようにただ悪口を聞かされて嫌だな…と思っていただけの状態から








逆にその状況を好転させ、自分の力で未来を切り拓き前進することができるようになります






このワークを通して、彼女が知った自分の強みは





・誠実さ

・公平さ





とでした。彼女はその強みを知ることで、どんな場合でもまず誠実に話を聞く。そして、相手が誰であろうと公平に話を聞くうことを意識するようになりました






そして、上司が周囲に対して放つ悪口があまりにひどい時には、たとえそれが先輩でも






「それはいいすぎだと思います」





とはっきり伝えるようにしたそうです。そんなことをやると、もしかしたら今度は彼女自身が目を付けられてしまうのでは…と思う方もいるかもしれませんが…彼女の強みは、







・誠実さ

・公平さ






です。つまり、彼女がそうやって指摘する時には、そこに相手を蹴落とそうとか貶めようという意図は入らず、あくまで公平に、そしてその人のためを思って誠実に言うことができるのです







あなたのまわりにもいるかもしれません。物おじせずズバズバ指摘するけど、人に恨まれずに妙に周囲も納得するような人が。きっと、そういう人はこの公平さと誠実さが強みなんでしょう








そんなことを若い彼女がやるので、まわりの年配の上司も態度が少しずつ変わり…その上司も相手をけなしたり悪口を言うこともだんだんと少なくなっていき…職場の人間関係はよくなっていったそうです






もちろん、彼女も今では元気に目を輝かせて、自分の理想とする看護師としての夢を追いかけるために、心を込めて看護師業務をやっています






この話で大切なことは…彼女の心と体がよくなったことでも、上司の悪口が減ったことでも、職場の人間関係の問題が改善したことでもありません





本当に大切なことは…





彼女自分自身が自分の強みを知り、たとえマイナスな状況でもそれを好転させ、そこに希望を抱けるような意味や価値を創り出すことができるようになったことです





そのために必要な知識と方法を、今回約2時間のセミナーでお伝えしています。





LIVEセミナーもしくは録画配信でお会いできること楽しみにしております





山本龍誠





内容・詳細及びお申込み方法




【テーマ】

『職場のストレスが楽になる!仕事に活かせる自分の強みの探求と活用法の実践講座』





【LIVE日程】

2024年 5月13日 (金) 19時〜21時



*質疑応答の時間を含みます

*視聴期限なしの録画配信での参加も可能です





【対象】

・理学療法士、作業療法士など体の施術に関わりのある職種

・職場の人間関係で悩んでいる方

・仕事にやりがいを感じられずに辛い方

・仕事が楽しくない方

・周りに人間関係の問題で困っている人がいて、その人の力になりたい方






【内容】

メインテーマは、職場のストレス、特に対人関係のストレスを改善するために、本来持っている自分の強みを知り、その強みを仕事に活かす方法を知ることです。職場の対人関係のストレスの改善に転職を考えたり、コミュニケーションスキルを学んだり、自分が我慢すればいいと思っている方が多いですが、どれも表面的な解決策で効果を実感できる人の方が少ないのではないでしょうか?



実は職場の対人関係を含むストレスの最も効果的で効率的な改善策は、仕事における自分の強みまず知ることです。強みを知るだけでも大きな力を持つことができるので人って不思議だなと思いますが、さらにパワフルなのはその強みを仕事にどう活かすか?ということを知ることです




ちなみにこのセミナーでやる方法で分かる私の強みは「知識を学ぶこと」でした。冒頭の彼女の場合は、誠実さでした。また、先行でこの強み診断をされた先生の強みは「大きな視点で人にアドバイスを与える」ことでした。その先生は今整体だけでなく、セミナー業も始められています




あなたの強みはなんでしょうか?もし自分の強みに興味があって、それを仕事に直接活かしたいと考えられている方は、このセミナーに参加してその知識と方法を手にしてください




第1部:自分の強みを知る

・自己肯定感と人間関係

・人間関係の根本的な問題点

・強みを知らないことの弱さ

・強みとはなにか?

・自分の強みを知る2つの方法





第2部:強みを仕事に活かすためのワーク

・強みを知るだけは誰でもできる。大事なのはその先

・強みを活かす時の3つのポイント

・強みを仕事に活かすワーク

・リフレーミング

・リフレーミングの方向性

・仕事の価値を創り出し社会に役立てる







【セミナーゴール】

・本来持っている自分の強みを知る

・その強みを仕事に活かす





【講師】

山本龍誠:理学療法士 トータルコンディショニングSEREN代表





【参加方法】

次の2つからお選びいただけます



①当日LIVE+録画配信

②録画配信のみ


*録画配信に視聴期限はありませんのでお好きな時にご視聴ください

*参加方法のご選択は、お申込み時にお選びください





【参加費】:18000円(税込み)





【お申込み方法】

・下記リンクの「今すぐ申し込む」ボタンをクリックするとお申込み可能です

・お申込み後、すぐに当日の資料が送られてきますので、予習復習にお役立てください。また自

分の強み診断もすぐにできます

筋リリースの極意① 不要な信念の除去編 (1).png
筋リリースの極意① 不要な信念の除去編 (4).png

・LIVE or 録画配信での参加が可能です
・録画配信の視聴期限はありません。無期限です
​・お申込み後すぐに当日の資料がきますので、予習・復習にお役立てください
​・インボイスには対応していませんので、予めご了承ください"""

股関節Ⅰ LP (32).png
股関節Ⅰ LP (33).png
bottom of page